司法制度改革で、「弁護士」資格取得の難易度はどうなったのか

従来、「弁護士」資格を取得するには、司法試験に合格するしか方法はありませんでした。
しかし、筆記試験だけで合否を判定することの可否や海外の制度を取り入れるため、司法制度改革により法科大学院(ロースクール)制度が設けられ、法科大学院に入学し、そこで法曹としての模擬経験を積んで卒業することが、司法試験の受験資格となりました。
また、海外にあわせて法曹人口の増加を図ることも目標とされました。
法科大学院の制度自体は成功したと言えますが、もともと「弁護士」資格は法律系の最難関資格であり、司法試験の難易度も下がらなかったため、法曹人口の増加に関しては目標値に達していません。
ただこれは、優秀な「弁護士」を維持するためでもあり、今後も司法試験の難易度が下がることはなさそうです。司法制度改革から数年が経ち、司法試験に合格できない法科大学院が淘汰されていくなど、経済合理的に考えると当然のことが起こっています。
また、予備試験という、本来は法科大学院に行けない人のための制度が、優秀な受験生の最短ルートとして活用されていますが、これも優秀な「弁護士」を維持するためにはやむを得ないと言えるでしょう。
このように、司法制度改革通りには進んでいない感がありますが、それだけ司法試験及び司法修習生考試に合格し「弁護士」となるには、高いハードルが存在しているのです。